新型コロナウイルス感染症の拡大傾向を鑑み、drupa の開催を2021年4月に延期


                                     2020-03-13

 

2020年6月16日から11日間にわたり開催が予定されていた drupa の開催延期が、正式に決定した。新たな会期は、2021年4月20日(火)~30日(金)である。この決断は、大規模イベント開催のリスク評価において、ロベルト・コッホ研究所(RKI)の方針を考慮するように呼びかけている、ドイツ連邦政府安全対策本部の指導、さらには、1,000名を超える規模のイベント開催は原則禁止を求めるとの、2020年3月11日付デュッセルドルフ市発表に従うとともに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者数が、欧州をはじめこの数日で急激に増加している状況を、鑑みたためだ。
 

『この決定は、諮問委員会や後援業界団体との緊密な協議の結果、取られた措置だ』と、メッセ・デュッセルドルフ代表取締役社長W. M. ドーンシャイトは強調する。そしてこれは、関連産業の願いを反映している。『業界のパートナーとして、弊社は目下、出展者が受ける経済損失を低減することに、全力を傾けている。』
 

『デュッセルドルフ市は、州政府に指導を仰いでいる。われわれの目標は、医療制度が正しく機能し続けられるよう、新型コロナウイルス拡散の勢いを鈍化させることだ』と、メッセ・デュッセルドルフ監査役会会長を務める、デュッセルドルフ市長T. ガイゼルは力説する。
 

ロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、ウイルス拡散をできるだけ抑えることは、公然たる目標でもある。リスクを防ぐという、メッセ・デュッセルドルフの責任を全うするためには、大規模イベントにおいて高まり得る感染の危険性を、最小限度にしなければならない。例えば、感染の危険性を念頭に置いたイベント会場の換気、リスク群から人々を隔離、あるいは入場口でのスクリーニング機器の導入など、RKIが明確に定めた大規模イベントでの感染危険性の低減対策を講じることは、しかしながら非常に難しい。加えて、これに相当する措置は、ウイルスの予測不可能な急拡散、そして、60,000人にも達することもある、さまざまなイベント規模を考慮すると、残念ながら不合理であると言わざるを得ない。
 

drupa 実行委員会会長C. ボルツァ=シューネマンも、同意している。『drupa 開催延期は、最新情勢を鑑みるにつけ、不可避であった。決定は、ゆえに正しく、信頼できる。多くの出展者が3月中旬から展示製品輸送を開始予定、と聞いていたが、今日の延期発表により、関係各所全てが直ちに対応し、計画を組み直し、そして2021年4月の新たな会期に備えることができる。“embrace the future“ への情熱は、延期後の2021年も変わることはない。』
 

国際色が非常に豊かな関係者が多数参加するメッセを開催することで、増加する危険性を熟慮し、業界団体もこの発表を歓迎している。ドイツ機械工業連盟(VDMA)印刷・製紙機械工業会Dr. M. ヘーリング専務理事は、『drupa は世界の印刷産業にとって、最も重要なビジネスの場だ。“embrace the future“ に忠実な drupa は、個人的ならびに国際的な交流、そして出展製品の実演が特徴だ。感染の危険性は目下のところ、とてつもなく高いと言えるだろう。それゆえ、我々は開催延期の決定を支持するとともに、来年の新会期を楽しみに待ちたい』と発言している。
 

デュッセルドルフのホテル産業は、その統括団体であるホテル・飲食店業連盟(DEHOGA)を通じ、本年6月開催に向けて準備を進めてきた出展・来場者にとって、非常に重要なメッセージを発した。『出展・来場者が予約の変更を希望する際、柔軟に対応するよう、会員企業、そして全関連産業に対して訴える。drupa をはじめ、デュッセルドルフで開催される専門メッセは、市はもとより、ホテル産業、そして飲食店・ケータリング業界にとって非常に大きな役割を果たす。この状況において友好を示さないことは、逆効果となるだろう』と、DEHOGA を代表し、G. サイッタ(デュッセルドルフ・ノイス会長)、R. D. シュタイナート(ホテル・観光グループ会長 / デュッセルドルフ・ノイス)両氏は、強調する。
 

W. M. ドーンシャイトは、全体的な合意と、特別な状況下での激励を、ありがたく感じている。『この難しく、一刻を争う決定に際しての卓越した協力に対し、全てのパートナーに感謝を申し上げたい。影響を受ける関係者全てに、計画の確実性を提供するため、非常に素早く、会期をともに設定できたことを、うれしく思う。』

 


drupa / drupa global に関する情報・お問い合わせは、株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン、あるいは関連ウェブページをご覧下さい。

                              本注目情報のPDF版はこちら

株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
担当: 橋木 雅弘

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
Tel. 03-5210-9951 _ Fax 03-5210-9959